地上へ降りた私 1

 

この世に来た状況を思い出した時の事を記すことにします。
お伽噺と思ってください。

私は天界(異次元)に住んでおりました。あるとき、雲の上から下を覗きますと、見渡す限りの大きい湖一面に、真っ白い氷が広がっています。
よくよく見ますと、その湖の氷の上で何やら動く者がいます。その瞬間クローズアップです。天界ですから。

それは、大勢の子供たちでした。子供たちは棒を持ったり、雪を丸めて遊んだり、追いかけっこをしたりと、元気いっぱい走り回っています。

生き生きと目を輝かせ、本当に楽しそうです。子供たちは皆、それぞれ遊びに無我夢中です。

その時、視界を広げて見回しますと、その広大な湖の氷が、岸の方から、徐々に溶け始めているではありませんか。

ミリミリッ、ピシッ、ピシッと音を立て、亀裂が入り、氷が割け始めたのです。

氷の中央では、何も知らない大勢の子供たちが夢中で遊んでいます。

氷は、大きく亀裂を広げながら、今にも湖全体が溶けていきそうです。

「子供達ーっ、逃げなさい。早く、早く。氷が溶けていますよ。遊びをやめて、周りを見てごらんなさい。早く逃げなさい。」

私は声をからして叫ぶのですが、子供たちには一向に届きません。

「逃げなさい。早く、早く。子供達逃げなさいー。」

私は尚も、夢中で声を枯らして叫ぶのですが、全く届かず、子供達は目の前の事しか、分からないようです。

余りにも遊びに没頭して、遠くから迫っている危険に、全く気づけないのです。

「逃げなさい。子供達、逃げて。早く、早く-。」

どんなに、どんなに大声で叫んでも気づけない子供たち。

「逃げなさいーっ。」

私は身を乗り出し、渾身の力を振り絞って叫びました。

何が何でも助けたいと思ったその時です。なんと、私は叫びながら下(地上)へと、真っ逆さまに降りて(落ちて)行ってしまったのです。

(以上を思い出したというか、再体験したのが20代でした。)

 

 

そして、幼児の時の不思議体験を思い出し、二つが繋がったのでした。

以下幼児体験です。

 

はっと目覚めると、最初に天井が目に入りました。

黒く煤けた天井。慌てて周りを見渡すと、襖や壁もなんだか薄暗く、煤けたような古い部屋です。

実家を建て替える前でしたので、私は3~4才頃です。

(私は御殿にいたのに、なぜ?)

パニックになりながら、布団から飛び起きて、家の中を見回りました。黒光りのする柱や板戸、古い田舎家です。

「大変だ。本当に降りて来てしまった。」

私は必死になって、家の中を走って見回りました。

そして、降りて来てしまった現実を自覚すると、激しく後悔し絶望しました。

そうです。私の住んでいた屋敷の天井は、お城の天井のように美しく装飾されていました。何もかもが美しく輝いていました。

 

天界での私は、とても想像できないほど純粋で繊細、汚れなき意識の持ち主でした。愛溢れる天使の心を持っていました。

その私が、氷上の子供たちを助けようとして、渾身の力を振り絞った時、降りて(落ちて)きてしまったのです。

ところが、降りた所は、溶けかけた氷の上ではありませんでした。

どういうわけか、古い日本家屋の家に生まれていたのでした。

天上にいたことを思い出した、その時の絶望と後悔は、今でもありありと蘇ります。

柔らかく愛に溢れ、何もかもが美しい天界から、重く暗い、ぎゅっと堅く凝縮された物質界に来たのです。

後悔せずにはおれませんでした。

そういえば、下界を覗くなと言われていたような気がします。

天界人は心が純粋すぎるので、一旦見てしまうと人を救おうとして、落ちて行ってしまうのです。

というのは、夢中になると、意識がその次元に引き寄せられてしまうからでもあります。

何が、間違っていたのでしょう?

明日につづく。

ありがとうございました。