仏教の「無財の七施」、『雑宝蔵経』というお経に以下の7つが説かれています。

  1. 眼施(げんせ)
  2. 和顔悦色施(わげんえっしょくせ)
  3. 言辞施(ごんじせ)
  4. 身施(しんせ)
  5. 心施(しんせ)
  6. 牀座施(しょうざせ)
  7. 房舎施(ぼうしゃせ)

眼施(げんせ)

優しいあたたかい視線、まなざしで相手を見るということです

和顔悦色施(わげんえっしょくせ)

「和顔」とは和やかな顔、「悦色」は喜びの表情ということで、笑顔のことです。

相手に対してだけでなく、笑顔には自分の健康に与える好影響が実証されています

言辞施(ごんじせ)

心からの優しい言葉をかけることです。

「大変でしたね」
「本当にうれしいです」など。

身施(しんせ)

体を使って、ボランティア・奉仕活動をすることです。

心施(しんせ)

「ありがとう」
「すみません」
「うれしいです」

と、心から感謝の心を述べることです。

「ありがとう」があればお互いが気持ちよく過ごせます。

床座施(しょうざせ)

場所や席、立場をゆずる親切をいいます。

「お先にどうぞ」と気持ちよくゆずってあげると、お互いに清々しい気持ちになります

房舎施(ぼうしゃせ)

家に訪ねに来た人に、一晩の宿と、食事をもてなすことです。

僧侶が夜になって家を訪ねてくれば、快く一晩の宿と、食事をもてなすのが房舎施です。

以上が、お金や物がなくても、気持ちさえあれば、周りの方たちに喜んでいただける積善です