我が家を地上天国にしよう

長い年月を経て、やっと本音をブログに記すことで、なんだか今は、本当の自分を生きている気がしています。

本当の自分で生きていると、指先までぽかぽか温かく、身体中の細胞が蘇ったような気分です。

疲れが全くありません。魂が喜び、幸福感に満たされます。

神仏に常に心を向けていることで、より神霊界と繋がってきているからです。

 

ところが夫とは、私が一日中、宇宙真理の話をするせいでしょうか、こんな風な会話になります。

夫と車の中での会話です。

私「やっぱり、自分の本音で生きるのはいいね。

本音で生きていると、何というか、腹から・・・」

夫「笑える!!」

私「違う。違うでしょう。何、腹から笑えるって。笑」

夫「普通、腹から笑うっていうよ。笑」

私「腹から笑えるって。確かにそうだけど。あはははは・・・言いたい事と違うから。あはははは。」

夫「笑っているから、それでいいんじゃないの。笑」

私「あはは・・・あのねえ、腹からエネルギーが全身にみなぎるようになったと言おうとしたのに。」

こんなふうで、真理の話をすると、いつもだじゃれで返すか、漫才にもっていってしまいます。

私「ところで、昨日のブログで、自分が死んだらどこへ行くか簡単チェック方法があったけど、何だったか覚えてる?」

夫「人に親切にすること。」

私「ちがうでしょ。(笑)それじゃあ、今日からブログ読み終わったら、理解度テストするよ。」

そんな訳で、夫はブログ内容を、どこまで理解できてるかおとぼけなので、????でしたが、楽しく学習を進めております。

人は自分の環境を天国にして、生前に天国と繋がっておくことで、初めて天国へ行けます。

すると、まず、この家庭を地上天国にしておかなければ、本物天国に繋がらないのです。

各家庭には、それぞれ課題(カルマ)があり、宇宙真理を知らないとそれは解決することができません。

夫婦は、共に暮らす中で、各人生での今生課題(カルマ)が炙り出されてきます。

その問題一つひとつを逃げずに、解決し乗り越えて行く度、カルマは消えていきます。

互いの自我と自我がぶつかり合う関係から、真理を学ぶことで、相手を尊重しあう関係へと進み、いつしか自我が削られていくのです。

そして本当の神の子として、素直な、子供のような純な心を取り戻していきます。

それでは、まず地上で幸せに生きるためには。。。

1、宇宙真理を学び、法則にそって生きる。

2、家中を清潔に、ほっとする環境にする。

3、安全な飲食物について学び、健康な体を作る。

4、徳(善行)を積む。

他にも色々ありますが、ひとまず我が家でも、地上天国への取り組みを始めましたので、ご紹介します。

1、宇宙真理については、

毎日、そのことだけ考えているので幸せです。夫との話題は、大半が宇宙真理に関する事です。

3,安全な飲食物については、

野菜の一部、米は安全な自家栽培。種は日本在来種を主に使用しています。基本、玄米にしております。

実は、遺伝子組み換え食品は、もう日本人は普通に口にしています。

野菜作りをしている方はよくご存じですが、野菜の種はF1(遺伝子組み換え)種しか手に入らなくなっています。

もう数十年前からそれは始まり、日本の在来種は殆ど消えてしまいました。

↓クリック
種子を取り巻く状況と固定種保存の意義

 

ですから、いくら国産といっても、遺伝子組み換え野菜、果物が大半です。

ただ自家栽培だと、無農薬栽培ができます。ところが、これは体験しないと分からない、大変な作業なのです。

味噌も手作り、漬け物も出来るだけ手作りをしています。

2,家をきれいに、ほっとする環境については、

家の中も出来るだけ断捨離して、「地上天国、地上天国」と唱えながら、自分の理想の部屋作りを目指しています。

庭は、冬でもあり、雑草もなくすっきりしています。

見晴らしの良い事務室で、好きな音楽を聴きながら神仏の話題で過ごしている時、心から天国だなあと思います。

これからも更に、ほっとする環境を目指します。

4,徳を積む善行については、

日々心がけたいですね。

 

仏教の「無財の七施」、『雑宝蔵経』というお経に以下の7つが説かれています。

  1. 眼施(げんせ)
  2. 和顔悦色施(わげんえっしょくせ)
  3. 言辞施(ごんじせ)
  4. 身施(しんせ)
  5. 心施(しんせ)
  6. 牀座施(しょうざせ)
  7. 房舎施(ぼうしゃせ)

眼施(げんせ)

優しいあたたかい視線、まなざしで相手を見るということです

和顔悦色施(わげんえっしょくせ)

「和顔」とは和やかな顔、「悦色」は喜びの表情ということで、笑顔のことです。

相手に対してだけでなく、笑顔には自分の健康に与える好影響が実証されています

言辞施(ごんじせ)

心からの優しい言葉をかけることです。

「大変でしたね」
「本当にうれしいです」など。

身施(しんせ)

体を使って、ボランティア・奉仕活動をすることです。

心施(しんせ)

「ありがとう」
「すみません」
「うれしいです」

と、心から感謝の心を述べることです。

「ありがとう」があればお互いが気持ちよく過ごせます。

床座施(しょうざせ)

場所や席、立場をゆずる親切をいいます。

「お先にどうぞ」と気持ちよくゆずってあげると、お互いに清々しい気持ちになります

房舎施(ぼうしゃせ)

家に訪ねに来た人に、一晩の宿と、食事をもてなすことです。

僧侶が夜になって家を訪ねてくれば、快く一晩の宿と、食事をもてなすのが房舎施です。

以上が、お金や物がなくても、気持ちさえあれば、周りの方たちに喜んでいただける積善です

 

 

ありがとうございました。