はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

愛-意識

宇宙人脳よ、蘇れ

投稿日:

 

今更なのですが、私には一つ取り戻したい能力があります。

それは、これです。

私が少女だった時の天才脳、あるいは宇宙人脳だった能力

これを再度手に入れると、才能が蘇ることで幸せになるのは私だけではありません。

大げさに言えば、世界平和を実現し、人類を救うことになるかもしれません。

私が能力を手に入れたら、私塾を開き、子ども達や若者を天才脳、宇宙人脳に変えるトレーニングをします。

日本に生まれた普通の子どもが、次々に十人、百人と宇宙脳に変わることが出来れば、地球次元上昇さえ期待できるでしょう。

新人類の誕生です。宇宙文明の幕開けです。

その子達は、その能力で宇宙と交信し、あらゆる優れた英知をダウンロードします。

その子たちは、その能力で地球と人類の平和、宇宙文明社会を創り上げることでしょう。

そう、それこそ地上天国、水瓶座の時代、宇宙文明の幕開けです。

そして、新人類の宇宙人との交流が公に始まるのです。

そうなれば、タイムマシン、円盤、母船など宇宙人の指導のもと自在に創れるようになるはずです。

それでは、私のその頃の能力はどのようなものだったのでしょうか。

では、ご紹介しましょう。

例えば本を見たとしましょう。

本 読書 小説 読書の秋 カフェ風 カフェ 珈琲 コーヒー カフェオレ 紅茶 お茶 ハーブ 喫茶 白テーブル リラックス 休憩 休日 余暇 休息 白背景 植物 グリーン 芥川賞 直木賞 図書館 気分転換 知識 葉 シサス 屋内

すると、なんと文字の活字が紙から抜け出し、私の脳へ向かって飛び込んでくるのです。

膨大な活字がなだれのように超スピードで飛び込んでくる様子を想像してください。

それがはっきり目に見えるのです。

自分が文字を目で追うのではなく、文字と内容が瞬く間に脳にインプットされるのです。

本を読む必要はないのです。

本の表紙を見るだけで、文字と内容が生き物のように猛スピードで脳に飛び込み、一瞬のうちに全てを理解したのです。

百メートル、二百メートル先の遠くの建物の看板や電信柱の張り紙を見て、「何と書いてあるのかな。」と思ったとします。

すると、一瞬でその看板や張り紙が、大写しで眼前に現れるのです。

 

 

他人の気持ちは、まるで乗り移ったかのごとく生々しく体感します。

相手の言葉より、本心が胸に飛び込んできますから、他人を見抜き、一瞬で人の本質を理解します。

 

この世の未来もわかってしまいます。

テレビドラマを途中から一瞬見ただけで、粗筋、犯人、結末すべて見えてしまいます。

 

「天才ってこう人のことだったのか。勉強する必要が無い。素晴らしい。」

その当時の私は、突然天才になった自分自身に、驚愕の日々を送っていました。

今考えれば天才というだけではなく、霊界人、宇宙人、あるいは神人合一の姿でしたが。

 

当時は、「時はあって、無きがごとく」でした。

時空を超えて、未来もすべて見えてしまえば、時間の概念が消えていくのです。

次元の違う世界に自分自身がいて、周りの人達と違う世界を見ている不思議な現実。

周りの人たち(親も含めて)が、真実に何も気づけていないもどかしさ。

他の人は未来も何も見えていない。

作り物のテレビドラマを楽しんでいる。(私の頭の中ではドラマが結末まで見えているので、観る必要が無い)

 

一瞬ですべてが理解出来てしまえば、地上の勉強なんてする必要もないのに、この世界では、皆なぜ苦労しているのだろう。

何か疑問を持てば、頭に答が浮かぶ。天使に教えてもらえる。

突然、私は、この世が異次元世界に変わってしまったのです。

 

しかし、他の人たちは、相変わらず一寸先が見えない日々を苦労して蟻のように懸命に生きています。

「ああ、この世の人達は、なんと低く不自由な時空の檻の世界に閉じ込められている事だろう。」と愕然としました。

 

ここまで書いて、そう、その低く不自由な世界に、今の私は、再度ほぼ閉じ込められているのです。

あの頃の能力は、今でも時折 蘇るけれど。。。

自分の本質を偽って いつしか世間に合わせたふりをして生きている内に、大切な感覚を忘れてしまっていたようです。

あの頃に戻ろう。何としてもあの能力を取り戻そう。

 

思い起こせば、幼児期も頭が冴え渡り、他人の本心もみな分かっていました。天から降りて来てしまった事を後悔もしていました。

その能力が少女期に蘇ったのでしょう。

私がもともと持っていた能力なので、必ず神人合一、宇宙人脳は蘇らせることができるはずです。

さあ、今こそ本当の自分自身に還ろう。

皆様のお幸せを心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-愛-意識
-

執筆者:

関連記事

超人

私は、一時期「超人」になったことがありました。 それは、中学生の頃のことです。 幽体離脱もしていないのに、この3次元世界で生きているにもかかわらず、「霊界人か?」という能力が突然現れたのです。 では、 …

地上天国

私の実家の客間に、書の大きな古びた額が飾られていました。何と書いてあるのか、子供の私にはさっぱり読めません。 尋ねると「地上天国」と書かれているとのこと。 「地上天国?」 それは、一体どういう意味?何 …

地上天国(神代)の到来を告げる原稿

この所、事務室の整理棚の片付けをしています。断捨離しつつ、使いやすく、美しく並べ整頓しています。 すると今日、最上段棚の箱の中から、私が35才の時に書いた原稿が束になって出てきました。 「そうだった。 …

愛犬の話(第2話)

ナナが旅立った翌朝 朝方のことです。眼前に鮮やかな映像が現れました。今回は、ナナからの私の第3の目に送られるメッセージです。テレビ画面の映像を想像していただければいいと思います。 はっきりくっきりカラ …

no image

掃除効果と防災

春になりました。今日は、公園へしだれ桜を見に行きました。大木の数本が満開でした。 さて、掃除の話です。 ひとつ綺麗にすると、隣が気になります。あれもこれも気になり、洗濯したり、修理したり、草抜きしたり …