はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

目覚めたい魂は、急いで

投稿日:2019年8月2日 更新日:

この世は、自分の顕在意識と潜在意識、集合意識が映し出している世界です。

私達が意識が高揚し、感謝、歓喜すれば、この世は天界になります。

それは、その時の自分の意識が天界意識になったからです。

私は部屋にいながら、手が届くところを白雲が流れ入ったり。。。大岩戸が開いたり。。。

全く常識では理解出来ない体験をしています。

この体験で証明できるように私達は、意識レベルいかんで、瞬時に自分の存在世界が変わるのです。

さて、もうじき地球規模の大変革が起きると、前回ブログに書きました。

私は、この大変革について、かつて高次元の存在から啓示を受けていたものの、はっきりとその時期が確定出来ずにいました。

その時はカラー映像のみで伝えられたのですが、「ここまでは知らせるが、詳細は自らの力で解け。」という感じの抽象的内容なのです。

幽体離脱して、私は宇宙空間に浮いたまま、ある映画を見たり、不思議な体験をしたのです。

それの謎解きが、やっと出来ました。

でも時間は、もう余り無い。ほとんど無い。そんな表現でしかいえません。

つい先日、ハイアーセルフ意識を受け取りました。

それによりますと、どうやらもう、それぞれの意志を尊重していく時だとのことです。

つまり、後は各個人の魂の判断に、お任せすればよいのだと。

ネガティブ思考の人は、その体験を通じて学ぶ必要があるから、苦しみ悲しみの体験しています。

とことん体験すれば、自らの意志で抜け出していくようになっています。

ネガティブ感情を味わい尽くすことも、その人にとっては必要な体験なのです。

目覚めるべき人たちは、もう自分で目覚めたり、その直前まできているとのことです。

目覚めるべき人たちとは、この記事を読んで下さっている方のことです。

そのため、それぞれが自分自身の魂の神性を意識するようにとの内容でした。

目覚めるとは、自分自身が神(創造主)の分け御魂であり、自分自身の人生の創造主であることを思い出すことです。

そして自分自身の人生とは、すべて自分自身の意識が創造していることに気づき、誰のせいでもないと神の子魂の真の自立をすることです。

自分の意識が幸福も不幸も創っていたと分かれば、誰かを恨んだり、嫉んだり、羨んだりするのは、お門違いだったということになります。

さあ、私達の意識を「今、ここ、自分」に向けましょう。

そして、自分の内に向かって、力強く宣言してください。

「私は自分の人生の創造主。」

と。

今後、私も皆様とともに、意識の向上を更に進めていこうと思います。

気がつけば、花咲く美しい地上天国界が眼前に拡がっているといいですね。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-精神世界
-

執筆者:

関連記事

no image

鳳凰が伝えた真理

皆様は鳳凰をご覧になったことはあるでしょうか。 鳳凰というのは、こんな姿をしております。   数年前のことです。爽やかな薫風の季節でした。 ふと外を見ると、近年めったに体験したことのないよう …

no image

生まれて来てくれてありがとう

「生まれて来てくれてありがとう。」 と、愛犬の首に抱きつくと、天国だなあ。なんて幸せなんだろうと思います。。。。。 母犬が亡くなってからは、出来るだけ愛犬と一緒に過ごし、夜は、並んで眠ります。 手を伸 …

光線、この世の成功とは

光線とは、「光」です。 光である以上、たとえばダイヤモンドの輝きなら眺める角度や環境によって光線の見え方に違いがあります。 そう、普通は光線とは、目で見るものです。 ところが、私は、その光線を触ったこ …

no image

魂の岩戸開きをしよう

  やがて、いつの日か、あなたに魂の岩戸開きが起き、 天国(神代)が訪れることは、宇宙の理です。 かといって、「なんの努力もしないで日々過ごしていたのに、ある日突然、天国になっていました。め …

チャクラ2

帰宅後、家事をすませると、まず決断です。 「食べると、いったい何が起きるのか。とにかく信じて、まず、一歩進もう。」 いよいよあの霊夢の再現を始めました。再現といっても、ただ鮮明に最初から思い出していく …