はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

悪憎むこと悪。道は感謝から。

投稿日:2019年5月31日 更新日:

このところ、子どもが被害者となる痛ましい事故、事件が相次いで起きています。

このようなニュースが報道される度、恐怖や不安、怒りの感情が日本中を覆います。

このような時こそ、私達は今一度、日月神事を読み直す時なのではないでしょうか。

以下の7、8については、誰しも実践するのは難しいところです。

頭では分かっても、感情面で納得するには、かなりの時間が必要でしょう。

7、「世や世間や人を恨むことは、自分を恨むこと。」

8、「悪憎むこと悪じゃ。」

 

でも、2、「道は感謝からぞ」とあるように、私達は 感謝、感謝の日々を笑顔で生きていきたいですね。

 

日月神事


1.身霊磨きとは、善いと感じたことを直ちにおこなうこと。

ミタマ磨けてさえおれば、心配なくなるぞ。心配は、磨けておらぬ証拠ぞ。

ミタマ磨きとは、善いと感じたこと直ちに行うことぞ。

2.何事に向かっても感謝せよ。ありがたいと思え。

何事に向かってもまず感謝せよ。ありがたいと思え。

初めはまねごとでもよいぞ。結構と思え。幸いと思え。そこに神の力加わるぞ。

道は感謝からぞ。不足申せば不足うつるぞ。心のままと、くどう申してあろうが。

病気でないと思え。弥栄と思え。病治るモト生まれるぞ。


3.他のために行ぜよ。奉仕せよ。

他のために行ぜよ。神は無理申さん。

初めは子のためでもよい。親のためでもよい。

自分以外の者のために、まず行ぜよ。奉仕せよ。

嬉し嬉しの光さしそめるぞ。はじめの世界ひらけるぞ。


4.他のために苦労することは喜びであるぞ。

他のために苦労することは喜びであるぞ。

全体のために働くことは喜びぞ。光の生命ぞ。


5.他人を幸せにする言葉をささげよ。与えよ。

ささげよ。ささげよ。与えよ。与えよ。

言こそは誰もが持てるそのささげものであるぞ。

与えても与えてもなくならんマコトの宝であるぞ。

6.人に知れぬよう神の国に徳を積め。

この世去って役に立つのは身魂の徳だけぞ。

人に知れぬように徳つめと申してあろうがな。

神の国に積む徳のみ光なのざぞ。


7.世や世間や他人を恨むことは自分を恨むこと。

世を呪うことは自分を呪うこと。

世間や他人を恨むことは自分を恨むこと。

このこと覚えれば一切はそこからひらけくるぞ。


8.悪憎むこと悪じゃ。

文明も神の働きから生まれたものじゃ。

悪も神のお働きと申すもの。悪憎むこと悪じゃ。


9.悪想念は早く精算せよ。

想念は永遠に働くから、悪想念は早く精算しなければならんぞ。


10.ぎりぎりになりたら、神のまことの世に致すので、早う身霊掃除してくれ。

外国がいくら攻めてくるとも、世界の神々がいくら寄せて来るとも、ぎりぎりになりたら神の元の神の神力出して岩戸開いてひとつの王で治める神のまことの世に致すのであるから、神は心配ないなれど、ついて来られる臣民少ないから、早う掃除してくれと申すのぞ。

ありがとうございました。

 

-精神世界

執筆者:

関連記事

no image

魂の岩戸開きをしよう

  やがて、いつの日か、あなたに魂の岩戸開きが起き、 天国(神代)が訪れることは、宇宙の理です。 かといって、「なんの努力もしないで日々過ごしていたのに、ある日突然、天国になっていました。め …

この世は多次元構造

「私たちの住むこの世は、唯一の次元」というのは、実は錯覚です。 この宇宙は多次元構造であり、時間、空間も存在していません。この身体の五感が、実体があるように認識しているだけなのです。 体から魂が抜ける …

no image

「令和」が示唆するもの

新元号が発表されました。 「令和」 令 1 命ずること。言いつけ。「命令。指令。令状。」 2 掟。のり。「法令。勅令。」 3 長官。「県令。坊令。」→令長。 4 良いこと。めでたいこと。「令名・巧言令 …

no image

警告動画

上から送られてきたカラー警告動画。 山を駆け上がってくる娘さん。日本髪を結い、和服姿です。 息をきらしながらも、更に上へと駆け登ってきます。 私は彼女の少し上の位置から、「一体どうしたの。何が起きたの …

no image

身体はあなたの声を聴いている

何気なく自分の手に触れると、冷たいと感じる時があります。今日がそうでした。その時、急に身体にお礼が言いたくなりました。 「ああ、私の身体には本当にお世話になっている。この世に降りて来て以来、ずっと私の …