はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

神界は、ここに存在している

投稿日:2019年5月10日 更新日:

「神社を我が家に復活」のその後について、お伝えしておきます。

神様より、その後、社とは、掛け軸、お札、神棚ではない。

人の身そのまま社なり。社とは、人そのものである。との啓示がありました。

確かに、その通りでした。

社とは自分自身の身体なのです。

自分自身の身体こそが、神の社なのです。

 

そういうわけで、岩戸が開いた部屋は、瞑想や祈りには最高の部屋ですので、祈りの部屋とします。

みなさんは「岩戸が開く」と聞くと、高い山で、そのような超常現象が起きたのかと、想像されることでしょう。

ところが、この時も、この3次元世界である自宅の部屋の中で、高次元の扉が開き、眼前で大山のような岩戸が開いたのです。

この私達が暮らす3次元世界は、肉体による五感では確かな現実感があります。

そのため人々は、「肉眼で見える物は全て実在している」と信じて暮らしています。

しかし、私自身の神秘体験をつぶさに思い起こしてみますと、私の意識が高次元界レベルまで高まった時、一瞬のうちに、自分自身が高次元界に存在していたのです。

そして、その時、3次元世界は消滅しています。(この世半分、天界半分もありました)

かつて私が、神様に大鏡の前へと導かれた時も、この体のまま、高次元の神代の世界へと入っていました。

神界の大鏡は、それはそれは見事なものでした。大きさといい細工といい、とうてい人間が作れるようなものではありませんでした。

 

このように私達人間は、誰でも意識さえ高めれば、一瞬にして神界に行くことが出来るのです。

神界はここに存在しているのです。

あなたがどんなに否定しようと、あなたの魂は高次元へと還る日が来るのを、ずっと永い永い間待ち続けておりました。

もう、あなたは今生で3次元世界は卒業です。

いつまで、この世で迷っているのですか。

さあ、あなたの胸の魂の叫びに気付いてください。

永い永い夢から覚める時がきたのです。

時間は残されてはおりません。

宇宙真理を学び、早く本当の自分を思い出してください。

そして、皆で地上天国(地上で開く天国界)へと戻りましょう。

私は神から見せられた映像があります。

それは、私一人が天国に入るのではありませんでした。

一定数の人々にも、それぞれの次元の窓が一斉に開き、天国へと還るのです。

その一人が、あなたです。

次回は、どのような人が地上天国に迎えられるのかお伝えします。

ありがとうございました。

 

追記

昨日、地震雲が出ていました。すると今朝、宮崎で地震でした。

明日から一週間程ご注意ください。(5月11日~)

 

 

 

 

 

 

-精神世界

執筆者:

関連記事

no image

宇宙船を操縦している未来

前回の続きですが、どんな人が天国に迎えられるのかですが、今までずっと書き続けてきたことですね。 一言で言えば、 他人のために祈り、他人のために生きられる人です。 そして、宇宙真理を探究。 今までに書い …

愛犬と再会

今日の夜中のことです。 パシッという音で目が覚めました。 んん?と思って部屋の様子を窺うと別段変わったところはないようでした。 しかし、なんとなく微妙に雰囲気が違うのです。まあ大したことではないと、ま …

天界の門が開く

日本では、少数の方が、静かに身魂掃除、身魂磨きを実行していらっしゃいます。そういう方こそ、一握りの選ばれた魂でしょう。 今回の壮大なる宇宙の一大儀式に招待されるか否かは、宗教に入っているかどうかは一切 …

no image

日月神事による身魂磨きとは

日月神事には、神からの警告と神の国到来が記されています。 そして、私達が救われるためには、日々どう生きればよいのか示されているのです。 では、見ていくことにしましょう。 ミタマ磨けてさえおれば、心配な …

no image

魂の岩戸開きをしよう

  やがて、いつの日か、あなたに魂の岩戸開きが起き、 天国(神代)が訪れることは、宇宙の理です。 かといって、「なんの努力もしないで日々過ごしていたのに、ある日突然、天国になっていました。め …