はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

地震予知映像

投稿日:

 

2011年2月末、私は東北にいました。

2011年東北に地震が起きることは、夫に数年前から伝えてあったので、東北旅行提案に夫は当然反対でした。

「大丈夫。地震が来るのは3月だから。今は2月。今の内に行って、東北の大地を目に納めてこよう。そこで、人に伝えられるなら伝えてこよう。」

こうして夫と東北へと出かけたのでした。

車窓から眺めた海岸沿いにどこまでも続いていた松林。今もはっきり目に焼き付いています。

青森は、まだ雪に覆われていました。

青森駅で、親切だった女性駅員さんに、思わず伝えたくなったけれど、とてもとても言えませんでした。あの駅員さんは、ご無事だったでしょうか。

各駅で見かけた大勢の人々に、「無事でいて」と心の中で祈っていました。

ある駅では、バレエ発表会帰りらしき小学生の女の子がお父さんと一緒に電車に乗り込んできました。とても幸せそうでした。

でも声もかけられず、心の中で父子がずっと幸せであることを祈る事しかできませんでした。

3月に入ったばかりのある夜、息子が言いました。

「本ばかり読んでないで、たまには瞑想したら。

瞑想から情報得るのが一番だろう。」

息子は、少しだけ霊能力があります。そこで、それもそうだと、早速瞑想を始めることにしました。

目を閉じると、あっという間に映像が第3の目に送られて来ました。それは、度肝を抜く映像でした。

原爆がドーン、ドーン、ドーンと三回連続で大爆発したのです。びっくりした私は、家族のいる部屋に駆け込みました。

「大変。大変。原爆が3回爆発した動画が見えた。日本に原爆が落とされるかもしれない。どういう事がおきるんだろう。そうなったら日本は終わりだ。」

その時に冷静に考えれば、その映像の意味(東北地震、福島原発→爆発)を気づけたかもしれませんでした。残念です。

そして、3月11日早朝。また第三の目に動画映像が送られてきました。

それは群青色の海の水中から観ている映像でした。

水の中にビルが沈んでいるのです。壊れてはいませんが、一部破損したビル。見回すと、(そうです。私は水の中にいて、自分が向く方向の映像が見えるのでした。)街全体が廃屋化し、海の中に沈んでいるのです。

魚が泳いでいます。窓を出入りして泳いでいます。

「海に街が沈んでる。」

とつぶやいた時、その映像はぷっつり消えました。

今なら、地震、津波、原発爆発と三点セットで考えられます。が、当時は関連づけられませんでした。

3発の原爆爆発、街が海に沈む等の大惨事の鮮明カラー動画メッセージは、大きすぎる内容でした。

まさかこの平和な日本で原爆爆発、街が海に沈む。.....そんな空恐ろしいメッセージを受け取り、地に足が着かない心理状態でおりました。

そして遂に、3.11.2時46分が。。。。

地震、津波、その後の原発爆発。

あの当時、私もブログを始めていたら、お伝えする機会もあったかもしれません。見たとおりお伝えすれば、分かる人は分かったかもしれません。

うーん。やっぱり、伝えても多分無駄だった事でしょう。誰も私の話をまともに受け取る人はいないのです。

権威がある人。有名な人。実績のある予言者のような人の声なら耳を傾けるのですが、無名の私がいくら言っても意味はないのです。

送られてきた映像は、家族には伝えたのですが、家族でも???でしたから。

ところで、最近では北九州、中国地方、北海道の災害も私は家族にだけ伝えていましたが、残念なことにその通りになってしまいました。

実は今後、更に原発爆発が起きる動画は、2011年以降にも送られて来ています。しかし、それがいつの事なのか、まだはっきりした事がいえません。

が、最近だんだんと危ない気配がし始め、もうそろそろと思う時期になりました。そのうちお伝えしようと思い始めています。

気が変わらなければ、今月中にお伝えいたします。

 

ありがとうございました。

-精神世界

執筆者:

関連記事

この世は多次元構造

「私たちの住むこの世は、唯一の次元」というのは、実は錯覚です。 この宇宙は多次元構造であり、時間、空間も存在していません。この身体の五感が、実体があるように認識しているだけなのです。 体から魂が抜ける …

鞍馬山

鞍馬山へ、友人4人で参拝したのは、2010年の夏でした。鞍馬山は初めてで、計画は友達任せ、私はのんきに下調べもせず出かけました。 快晴で爽やかな風もあり、暑いけど気分も上々です。 参拝を済ませ、見晴台 …

自分を大事に育み生きる

最近どうしたことか、過去が走馬燈のように鮮明に蘇り始めています。 なぜ、遠い過去の言葉の一字一句まで覚えているのでしょうか。 私の記憶の奥で、未消化になったままの体験が、ひとコマひとコマ出てくるのです …

no image

日月神事は神の終末警告

わたし達がいるこの世は「終末」を迎えました。終末とは、人類が最終試験を受ける時がきたということです。 最終試験とは、今まで輪廻転生してきましたが、もう今生が最後であるぞということなのです。 日月神事で …

愛犬と再会

今日の夜中のことです。 パシッという音で目が覚めました。 んん?と思って部屋の様子を窺うと別段変わったところはないようでした。 しかし、なんとなく微妙に雰囲気が違うのです。まあ大したことではないと、ま …