はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

天変地異を無くすには

投稿日:2019年6月24日 更新日:

このところ、地震が多すぎますね。なぜこんなに世界中、災害や地震が多いのでしょうか。

地球は、一つの生命体であり、意識を持って生きています。

地球は、波動が人間よりも格段に高く、慈愛そのものです。

地球意識は大調和であり、宇宙と調和し、愛で地球の全生命を育んでいます。

普段、私達は「自分の力で、この世で生きている」と思って暮らしています。

でも、それは、「親の心、子知らず」なのです。

地球の大自然(川、海、山、大地、大気、風、雨、植物)には、多種多様な生き物が連鎖しています。

そこでは、すべて生命の生存に必要不可欠な物は、何もかも与えられています。

でも、もし空気中の酸素が地球上から無くなったら、数十秒で人類、動物は絶滅してしまいます。

つまり私達は、地球に生かされているのであって、地球で生きているのではないのです。

地球は私達と同じく生命体であり、地球上のすべてを循環させて、生命活動をしている慈愛の惑星です。

そして地球自体も、宇宙の中でバランスをとって、生かされているのです。

そのため地球の生命活動にとって、波長が合わない異物や危険物質、不調和想念などは、常に浄化が行われバランスを整えます。

豪雨、台風、地震、火山噴火。。。などで大祓、大震いをして調和をするのです。

ところで、神界の神々の意識の高さとはどのようなものでしょうか。

神の意識次元は、大愛に包まれ、爆発するような大歓喜、大幸福の意識が平常状態なのです。

そのエネルギーの大きさは、とてつもないものです。まともに受けると、体が飛ばされる程です。

では、私達の平常心が、「天界人のような大歓喜、大幸福」になるには、どすればよいのでしょう。

それは、宇宙真理を理解するしかありません。

私たち人や動植物、全生命の魂本体は神霊であり、輪廻を重ね、生命の源、神へと還って行きます。

さて、皆様は、「小さな害虫にも、魂なんて本当にあるの?」と思われませんか。

ある時、私も、ふと疑問を持ちました。そんなある日、部屋の中に飛んでいる小さな虫を見つけました。

思わず、両掌でパンッと叩きました。すると、両手の間からスイーッと白い虫が飛んで逃げて行くのです。

あれっ、叩き損じたかなと、両掌を広げてみますと、そこには、小さな黒い虫の死骸があります。

えっ、では、さっき飛んで行った小さく白い光は、虫の魂?

そのようなことがその後、何度も続き、はっきり悟ったのです。

「どんなに小さな虫でも、生命あるものは、全て魂を持っていることが分かりました。ありがとうございました。」

お礼申し上げると、その後は、蚊を叩いても魂は見えなくなりました。

それにしても、虫も等身大の白光を放つ魂だったことは、私に大きな気づきを与えてくれました。

この世の全生命、微生物に至るまで、全てが神の化身だったと気付かされたのです。

この世に生きるもの全てが、神の化身であるとは。。。。すなわち、この地球そのものが神の化身だったのだと。

私達一人ひとりが、「地球へ感謝と慈愛」の意識を持つに至った時、天変地異や戦争で大祓、大震いを体験せずとも、人類は、地上天国(水瓶座時代)へと移行できるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

 

 

-精神世界

執筆者:

関連記事

no image

神と一体となって地上天国実現へ

10連休が始まる前に、実家へと帰っておりましたので、ブログ更新が出来ませんでした。申し訳ありません。 古里で母と共に過ごしました。家事、日常のこまごまとした雑用等こなしながら、久しぶりの親子の時間を過 …

no image

異次元からダウン・ロード

思い出したので、ちょっとメモしておきます。 1,2年前のことです。子ども向けの童話でも書いてみようかと思いつきました。 すると、その晩から不思議なことが始まりました。 夢で、私が主人公(小学生)となり …

愛犬と再会

今日の夜中のことです。 パシッという音で目が覚めました。 んん?と思って部屋の様子を窺うと別段変わったところはないようでした。 しかし、なんとなく微妙に雰囲気が違うのです。まあ大したことではないと、ま …

「コンコン」ノック音と霊交信

我が家の七不思議の一つをご紹介します。 我が家には、「コンコン」とノック音がする部屋があります。 部屋に入ると、「コン、コン。」 考え事をしていると、合いの手を入れるように、また「コンコン。」 あると …

この世は意識の投影

私たちの生きるこの世界を、3次元といいます。そして、意識はというと、なんと永遠の生命を持つ異次元の存在なのです。 死んで、4次元へ戻った意識は、肉体の死を受け入れると、指導霊の案内で、最終的に自分自身 …