はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

天変地異を無くすには

投稿日:2019年6月24日 更新日:

このところ、地震が多すぎますね。なぜこんなに世界中、災害や地震が多いのでしょうか。

地球は、一つの生命体であり、意識を持って生きています。

地球は、波動が人間よりも格段に高く、慈愛そのものです。

地球意識は大調和であり、宇宙と調和し、愛で地球の全生命を育んでいます。

普段、私達は「自分の力で、この世で生きている」と思って暮らしています。

でも、それは、「親の心、子知らず」なのです。

地球の大自然(川、海、山、大地、大気、風、雨、植物)には、多種多様な生き物が連鎖しています。

そこでは、すべて生命の生存に必要不可欠な物は、何もかも与えられています。

でも、もし空気中の酸素が地球上から無くなったら、数十秒で人類、動物は絶滅してしまいます。

つまり私達は、地球に生かされているのであって、地球で生きているのではないのです。

地球は私達と同じく生命体であり、地球上のすべてを循環させて、生命活動をしている慈愛の惑星です。

そして地球自体も、宇宙の中でバランスをとって、生かされているのです。

そのため地球の生命活動にとって、波長が合わない異物や危険物質、不調和想念などは、常に浄化が行われバランスを整えます。

豪雨、台風、地震、火山噴火。。。などで大祓、大震いをして調和をするのです。

ところで、神界の神々の意識の高さとはどのようなものでしょうか。

神の意識次元は、大愛に包まれ、爆発するような大歓喜、大幸福の意識が平常状態なのです。

そのエネルギーの大きさは、とてつもないものです。まともに受けると、体が飛ばされる程です。

では、私達の平常心が、「天界人のような大歓喜、大幸福」になるには、どすればよいのでしょう。

それは、宇宙真理を理解するしかありません。

私たち人や動植物、全生命の魂本体は神霊であり、輪廻を重ね、生命の源、神へと還って行きます。

さて、皆様は、「小さな害虫にも、魂なんて本当にあるの?」と思われませんか。

ある時、私も、ふと疑問を持ちました。そんなある日、部屋の中に飛んでいる小さな虫を見つけました。

思わず、両掌でパンッと叩きました。すると、両手の間からスイーッと白い虫が飛んで逃げて行くのです。

あれっ、叩き損じたかなと、両掌を広げてみますと、そこには、小さな黒い虫の死骸があります。

えっ、では、さっき飛んで行った小さく白い光は、虫の魂?

そのようなことがその後、何度も続き、はっきり悟ったのです。

「どんなに小さな虫でも、生命あるものは、全て魂を持っていることが分かりました。ありがとうございました。」

お礼申し上げると、その後は、蚊を叩いても魂は見えなくなりました。

それにしても、虫も等身大の白光を放つ魂だったことは、私に大きな気づきを与えてくれました。

この世の全生命、微生物に至るまで、全てが神の化身だったと気付かされたのです。

この世に生きるもの全てが、神の化身であるとは。。。。すなわち、この地球そのものが神の化身だったのだと。

私達一人ひとりが、「地球へ感謝と慈愛」の意識を持つに至った時、天変地異や戦争で大祓、大震いを体験せずとも、人類は、地上天国(水瓶座時代)へと移行できるのではないでしょうか。

ありがとうございました。

 

 

-精神世界

執筆者:

関連記事

no image

(1)困難の中でこそ真理を得る

今、このブログを見つけて読んでくださっている方の中に、どうしようもない悲しみ、怒り、憎しみ、孤独を抱えていらっしゃる方もいらっしゃる事でしょう。 いじめ、虐待、パワハラ、セクハラ、死別、病気、事故、被 …

自分を大事に育み生きる

最近どうしたことか、過去が走馬燈のように鮮明に蘇り始めています。 なぜ、遠い過去の言葉の一字一句まで覚えているのでしょうか。 私の記憶の奥で、未消化になったままの体験が、ひとコマひとコマ出てくるのです …

日本人とは?

私達日本人は、歴史上のルーツも明らかにされずにいます。 実は、日本には隠された日本の超古代文明(ムー、カタカムナ文明等)が存在します。 その説明については後に譲るとしても、縄文時代から弥生時代へと移行 …

no image

宇宙船を操縦している未来

前回の続きですが、どんな人が天国に迎えられるのかですが、今までずっと書き続けてきたことですね。 一言で言えば、 他人のために祈り、他人のために生きられる人です。 そして、宇宙真理を探究。 今までに書い …

この世は多次元構造

「私たちの住むこの世は、唯一の次元」というのは、実は錯覚です。 この宇宙は多次元構造であり、時間、空間も存在していません。この身体の五感が、実体があるように認識しているだけなのです。 体から魂が抜ける …