はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

仏教 精神世界

チャクラ2

投稿日:2018年11月22日 更新日:

帰宅後、家事をすませると、まず決断です。
「食べると、いったい何が起きるのか。とにかく信じて、まず、一歩進もう。」
いよいよあの霊夢の再現を始めました。再現といっても、ただ鮮明に最初から思い出していくだけのことなのです。
そして、遂にあの真っ黒い龍の頭が、脳裏に現れました。

黒龍の頭の肉を恐る恐る手でつまむと、そうっと口元へ運びました。
思い切って口の中に入れ、それを飲み込みました。
。。。。。
(よかった。何ともない。)
そして、あの女性のことを思い出していました。
若い女性のほうから話しかけてきたのですが、今振り返ると、弥生時代のような麻の服装といい、日に焼けた顔といい、不思議です。現代人とは大きくかけ離れた価値観を持って生きていました。彼女は一体誰?そういえば、互いに名前も名乗っていなかったのでした。
その時です。突然、下半身が焼けるように熱くなりました。何が起きたか分からず、驚いて右往左往していると、それは更に拡大しながら、体を焼き尽くすかのように、激しい高熱を発してきます。
たまらず座禅を組むと、やがて爆発的な熱エネルギーは、第2チャクラへと少しずつ上昇し始めたのです。

その頃になって、全てが理解できました。これが、黒龍頭の霊力だったのです。彼女の話は真実でした。
クンダリニ(高熱)の上昇が始まりました。私は、知識としては書籍で身につけていました。クンダリニ(高熱)の上昇は、霊的探求をしていれば、ある程度の段階になった時、誰でも起きるようです。
チベットでは、クンダリニ(高熱)の上昇がおきると、必ず師が付き添います。高熱上昇中に、命を落とすことがよくあるからです。それ程、危険伴う現象でもあるのです。
私は独立独歩。師は誰一人いません。でも、今回は黒龍が導いてくれています。
クンダリニの上昇とは、例えていうなら、「火の玉が燃えたぎりながら、体の中にあるチャクラの7つの節目を下から焼き開いて登って行く状態」といっていいでしょう。クンダリニ(高熱)は、激しい火龍のように上昇していきます。
私の場合、第5チャクラ( ビシュダチャクラ 喉 )から、上に登るのに時間がかかりましたが、遂に、ぼんっとクンダリニが頭へと上がりました。
ここからが大変でした。本当に命がけでした。
高熱で頭の血管が破裂しそうに、ドックンドックン音を立て始めました。鏡を見ると、顔が真っ赤です。意識を失ってはならないと、必死にこらえて布団に潜り込みました。水枕を用意し、頭を冷やしましたが、焼け石に水で、すぐお湯になってしまいます。
やがて、長い長い苦しい夜が過ぎ、気がつくと、朝を迎えていました。クンダリニは、完全に、体を抜け去っていました。
ついに無事完了した喜びが、沸き上がってきました。
窓を開けると真っ青な空です。

涼やかな風を胸いっぱい吸い込むと、安堵感とともに、爽快感が体中に満ちてきました。
以上が、黒龍に導かれてクンダリニが上昇し、チャクラが開かれたいきさつです。この体験があってから、異次元交流が多くなったような気がします。
ありがとうございました。

-仏教, 精神世界
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

龍は生きている

皆さん、龍はお好きですか。 日本人にとって龍は身近な存在で、神社、仏閣で龍の絵や彫刻をよく見かけますね。 私は、富士山麓の浅間神社に時折詣でます。 何と言っても、浅間神社といえば富士山です。 霊峰富士 …

自分の尊厳に目覚める

私達は、肉体の五感を通して、この世(物質次元)を体験しています。 そのため、多くの人々が「この世の物質的全てが唯一無二」との世界観に囚われてしまいました。 実は、そこから、私達人類のあらゆる迷走が始ま …

no image

2.水瓶座(アクエリアス)時代へ

水瓶座(アクエリアス)時代について、少し情報を追加いたします。 水瓶座時代は、大衆の中の私から、個人として独立した私への移行を意味します。 ですから、大衆と同じように動いたり、一般社会の価値観にそって …

チャクラ

今回は、チャクラのお話をしたいと思います。 私たちの体には、目にみえないけれどチャクラというものがあります。 体の一番下の第1チャクラ~第7チャクラまであるのですが、 このチャクラは竹の節のようなもの …

no image

水瓶座時代へ

現在、地上に英知の光が差し込む、宇宙文明黎明期が始まろうとしています。 そのため今後は、霊的真理に目覚める人が急激に増えていきます。 それは、宇宙の星座の動きが、地球人類全てに大きな影響を及ぼすからな …