5月からは地震に備えを!

精神世界
私たちは、社会的変動を経て、真の自己に目覚めていく

破壊と再生が2020年から2023年まで続きますので、私たち国民は大きな試練の時を迎えることになります。

実は、このような時代の大きな転換期に、忘れてはいますが私たちは自分で望んで生まれてきたのです。

なぜでしょうか。それは試練の中でこそ真我が目を覚まし、大きく飛躍を遂げることを魂は知っているからです。

そうです。私たちは、さなぎから蝶へと羽化するような奇跡的飛躍を体験するため、今ここに存在しています。

この数年で、私たちが今まで信じていた認識や思想、社会全体の価値観などが崩壊し、劇的に、もしくは革命的に世の中が変化していきます。

苦難の数年を柔軟に対応し、知恵と創意で乗り越える事ができた人たちは、個人の潜在能力を見事 開花させたといえるのです。

そして、個性が輝く創造性に満ちた、精神性の高いみずがめ座時代を築き上げていくことでしょう。

 

長野の群発地震は、首都直下、南海トラフ地震の前兆

さて、最近、長野県中部で地震が多くなっていますね。

どうやら、2011年東日本大震災の時も、2週間前、岐阜県飛騨地方で群発地震が発生していたようです。

https://golden-tamatama.com/blog-entry-nagano-earthquake-next.html引用

地震の起きている場所は、フォッサマグナのちょうど糸魚川ー静岡構造線上に当たり、東北日本と西南日本の境界線です。

フォッサマグナに注目。

首都直下、また中央構造線と繋がっていますので、南海トラフが気になるところです。

https://fmm.geo-itoigawa.com/event-learning/fossamagna_japan-archipelago/引用

南海トラフの巨大地震とは

静岡県の駿河湾から九州の日向灘にかけての海底には、日本列島のある陸側のプレートの下に海側のプレートが沈み込んでいる溝のような地形「南海トラフ」があります。

このプレートの境界には少しずつ「ひずみ」がたまっていて、限界に達すると一気にずれ動き、巨大地震が発生します。これが「南海トラフの巨大地震」です。

再生時間 0:38

南海トラフでは、100年から200年の間隔で、マグニチュード8クラスの巨大地震が繰り返し発生しています。

死者32万人超 経済被害220兆円超

南海トラフの巨大地震が起きると各地を激しい揺れが襲うとともに、沿岸部には最大で30メートルを超える巨大津波が押し寄せるとされています。

再生時間 1:00

最悪の場合、関東から九州にかけての30の都府県で合わせておよそ32万3,000人が死亡し、揺れや火災、津波などで238万棟余りの建物が全壊したり焼失したりすると推計されています。

地震発生から1週間で、避難所や親戚の家などに避難する人の数は最大で950万人。およそ9,600万食の食料が不足するとされています。

さらに、被害を受けた施設の復旧費用や企業や従業員への影響も加えると、経済的な被害は国家予算の2倍以上にあたる総額220兆3,000億円に上るとされています。

対策次第で被害軽減可能

一方で早めの避難や防災対策によって被害が軽減される効果も示されています。

高知 南国市の津波避難タワー

▽多くの人が早めに避難した場合、津波の犠牲者は最大でおよそ80%少なくなり、
▽建物の耐震化率を引き上げれば、建物の倒壊はおよそ40%減らせると推計しています。

内閣府が、最新のデータをもとに2019年5月に公表した推計では、当初の想定に比べて死者数は3割近く減っておよそ23万1000人に、全壊または焼失する建物は1割余り減っておよそ209万4000棟になるとしています。              NHKお家で学ぼう 引用

予知・予言】熊本地震や台湾地震を的中させた地震研究者(林湧森所長)が予言

最近、台湾の地震研究者(林勇森所長)が日本に地震予言されていますので、ご紹介いたします。

【予知・予言】熊本地震や台湾地震を的中させた地震研究者(林湧森所長)が予言~「30日以内に日本でM8〜9の地震が起こる」https://quasimoto3.exblog.jp/240266240/引用

台湾の地震予知研究者(林湧森)の写真

2020-04-17 22:04 UTC+8
日本東京站地震預報:(1)綠:30天以內,日本(東京、京都或廣島附近),M8+~M9+
日本東京局地震予報:(1)綠:30日間以內に、日本(東京、京都または広島付近)、M8+~M9+
Tokyo, Japan Station Quake Forecast: (1)Green: Within 30 days, Japan(Near Tokyo, Kyoto or Hiroshima), M8+~M9+         

地震予測研究所

30日以内に、東京、京都または広島付近でM8~M9クラスの巨大地震が起こる。

時期的には、5月中旬までの間とのことです。まさに今です。

 

 

イルミナティカードによる日本の地震予言

さて、次はイルミナティカードです。イルミナティカードは今後起こることを予言(予告)しているカードといわれています。

下のカードは、東京の銀座の街だと言われています。銀座和光時計台?が倒れています。

Combined-Disastersginza01

 

次のカードは、横浜みなとみらい

Up-Against-the-Wall横浜みなとみらい

この核爆発後の残骸の風景が、横浜『みなとみらい』の『横浜グランド・インターコンチネンタルホテル』と『ランドマークタワー』の風景に、とてもよく似ていることで有名です。

 

エコノミスト誌の表紙、世界はこうなる

エコノミストも今後、世界で起きることを予告してくれるありがたい雑誌です。(?)

下図の日本地図を見てください。ちょうどフォッサマグナの部分から日本の中央部分がきれいに無くなっていますね。

何を予告しているのでしょうか。

 

次に気になるのが、不思議の国のアリスの足元の2本の矢です。

 

11.5と11.3という矢がアリスの足元に刺さっている出典ameblo.jp

1本目の矢11.3は、矢に影があるので3.11で東日本大震災です。

2本目の矢11.5は、5.11です。矢に影がないのでこれから日本に起きる地震です。

左寄りですので、日本地図上、東北地方より南西と考えられます。

首都直下、南海トラフをさしているのでしょう。

隣のミサイルも、気になります。核搭載ミサイル?

2015年の予言(予告)ですが、時期が遅れることはよくあります。

 

次の石井貴士氏の動画も参考になさって、どうぞご自身や大切な方をお守りください。
では、ともに試練を乗り越えて新時代を迎えましょう。
【人生が変わる17分】南海トラフ、首都直下型地震が2020年5月11日に起きると予測できる3つの理由

皆様の安全と御健勝を心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました