鳳凰が伝えた真理

皆様は鳳凰をご覧になったことはあるでしょうか。

鳳凰というのは、こんな姿をしております。

 

数年前のことです。爽やかな薫風の季節でした。

ふと外を見ると、近年めったに体験したことのないような、見事な紺碧の空です。

心の奥底まで浄化されるような、澄み切った空気。

窓辺では涼やかな風がカーテンを優しく揺らし、初夏の訪れを告げています。

余りの爽快さ、空の美しさに、思わず庭に出て蒼穹の天を仰ぎました。

「空をよく見てご覧。」私の頭の中に誰かの意識が響きました。

眼を凝らして見れば、吸い込まれるような濃紺の空に、鳥の羽が数枚浮かんでいます。

それは、白雲で描かれた大きな真っ白い羽でした。

羽毛の細かい毛先をゆるやかに揺らしながら、紺碧の空に数枚の羽が漂っていたのです。

「鳳凰だ。あれは鳳凰の羽だ。」

絶対的な確信に胸を躍らせ、大空に鳳凰を探しました。

すると南の方角に、鋭角の角を持つ三角形が二つ並んでいる不自然な雲に、目が惹きつけられました。

それは雲の中でも、一際大きく、異彩を放っています。

白雲の輪郭がきりりと力強い三角形というのも、今まで見たことがありません。

「クチバシだ。」

頭に響く意識にはっとして、視線を東へと移して行きました。

すると、そこには想像を絶する巨大で完璧な白鳳が、全身を東から北へと拡げながら、空一面に飛翔しているではありませんか。

私の眼が初めて白鳳の全体像を捉えた時、それは、見事なまでに鮮明な雄姿を光り輝かせてくださったのです。

「何という、素晴らしい白鳳のお姿だろう。」

余りにも荘厳な美しさに魅入られ、身じろぎもせず立ち尽くしておりました。

暫くして、(そうだ。夫にも見せてあげよう。)と思い立ち、急いで家の中に入りました。

何度も声を掛けて、やっと出てきた夫は思いがけない白鳳の気高い姿に、しばし感嘆の声を上げ見とれておりました。

そして、はっと気付いたかのように家の中に駆け上がり、手にカメラを持って降りて来ました。

そこで、やっと撮れたのがこの写真です。

その頃には、鮮明だった白鳳は徐々に風にながれ、霞んで行くところでした。

しかし、雲で姿を現して頂き、本当に本当に光栄でした。

その時、白鳳が厳かに、私に告げた言葉がありました。

「宇宙の生命は一つ。私たちは、一つの大いなる宇宙生命の中に生きている。(生かされている)」

 

私は言葉を反芻し、そして何度も噛みしめました。

私たちは、この世の中でそれぞれ個人、個人として生きています。

が、動植物を含めたすべての個々の生命は、実は一つの宇宙生命体そのものなのです。

つまり、あなたも私も、実は魂の奥底は繋がっているのです。

私たちは、魂の表面意識の部分だけで私という自己を認識しています。

でも、魂の奥、中心部にある神我は全ての生命に繋がり、一つに統合されているのです。

すぐには理解できないかもしれませんが、あなたも私も宇宙という大いなる神の一部分であり、神そのものなのです。

やがて、この宇宙の真理に、特に日本人から覚醒していくようになります。

なぜなら、あなたも心の奥深くで、本当は全てを知っているからです。

でも、まだまだ、まどろみの中で夢を見て、楽しんでいたいのですよね。

でも、鳳凰がこうして姿を現したのは。。。。。

それは、

 

あなたが目覚める時が来たからです。

 

 

さて気分を切り替えて、今日のお昼ご飯をご紹介します。

お友達から頂戴した「焼きうどん」と「すんき、赤かぶ甘酢漬け」です。

焼きうどんに、すんきと赤かぶの酸味が良く合うことといったら!!

とっても美味しく頂きました。お皿は私の手作りです。

初めて使いましたが、お皿も何だか嬉しそう。

ごちそうさまでした。

その後、梅の花を見に行きました。梅の花は本当にいい香り。。。

しばし、時を忘れるひとときです。

帰りに、ホームセンターで季節の花を買い求めました。

やはり生花は、美しい生命そのものの輝きを持っていますね。

自然の優しい花の香りは、身も心も癒やし浄化してくれます。

さて、今日も水廻りと玄関掃除をしました。

体調は今日もいいです。疲れません。

花を植えたら、次は庭の草抜きです。

最近の雨と暖かさで、雑草が一気に芽を出しましたので、これからは草むしりの日々が続きます。

ありがとうございました。