はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

霊的進化は困難の中から

投稿日:

 

わたし達は、それぞれ前世からの人生の課題(カルマ)を背負って、霊的向上するため、この世に生まれてきました。

そのため人は、この世で自身の前世や類魂のカルマ(因)を解消し、魂を進化させるよう導かれています。

でもその課題とは何か?、どうしたら見つける事が出来るのでしょう。

それは、今の私たちの置かれている状況が教えてくれています。

それは、今、私たち個人一人ひとりが抱えている問題であり、悩みごとです。

これらが課題であり、一つひとつ乗り越えることで、私たちのカルマが解消され、霊的に成長していくのです。

悩みと一口に言っても、中には心に大きな傷を負い、立ち上がる事も出来ない人もいるでしょう。

人生には、災害、事故、病気等で大切な人を失ったり、病気、介護(老々介護等)、生活苦、夫婦、恋人間DV、子供虐待、いじめ・・・様々な悲しみ苦しみが、次々と起きてきます。

しかし、それは全て魂進化向上のための試練として与えられるのです.

とはいうものの、子供虐待、いじめ、DV,などは早急に環境を安全な場所に移すよう、周りの大人が行政の力で助けなければなりません。

福祉行政を利用しても抜け出せない苦労は、因果の果である今の苦難から、その因となった誤った自分自身の生き方、思い込み、考え方を見つけ出すことです。

自分を被害者だと思い、人を恨んでいる限り苦しみから抜け出る事はありません。

原因は、全て自分自身の誤った考え、信念に起因する事に気付かなければ、そこから一歩も踏み出すことはできません。

苦労、苦痛の人生の根本原因は、意識の奥底に自己蔑視の意識があります。自己を罰する意識が隠れています。

その誤った意識は、気づく事で消えていきます。と同時に、自身を神の愛し子と位置づけ、神の子としての尊厳を取り戻し生きるのです。

そして、新たに宇宙法則に合った正しい方向へと、生き方信条を軌道修正し、人生の方向転換を図るのです。

私たちは、こうして困難の中から神の子として霊的教訓を学び取り、霊的成長を遂げると、神と約束して生まれてきたのでした。

宇宙(神)の法則は、魂の進化を至上目的として働きます。

環境が厳しいほど、魂は神や真理を求めるのです。

魂の進化は、厳しい環境や辛い人間関係の中からこそ生まれます。

私たちの意識(魂)には、利己的欲望や感情もあれば、神的霊性も秘められています。

そのどちらが優位に立つのか意識せず、無意識に繰り広げられているのが地上人生ともいえます。

人は、完全なる神の分霊を享けて生まれていますが、神の光は魂の奥に潜在しています。

そのため、それを目覚めさせ、表に出すには厳しい試練が必要なのです。強烈な体験を必要とするのです。

人は、悲しみの極み、苦しみの極みのまっただ中においてこそ、

「なぜ、私がこんな目に遭うのか?なぜ?何が間違っているのか。どうすれば幸せになれるのか?」

と神と霊的真理を全身全霊で求めます。

そうして、真理は魂がそれを悟る準備が出来たとき、始めて学べるのです。

霊的受け入れ体制が出来るまでは、決して真理に目覚めることはありません。

 

ありがとうございました。

-精神世界

執筆者:

関連記事

no image

鳳凰が伝えた真理

皆様は鳳凰をご覧になったことはあるでしょうか。 鳳凰というのは、こんな姿をしております。   数年前のことです。爽やかな薫風の季節でした。 ふと外を見ると、近年めったに体験したことのないよう …

no image

波動を上げて身を守る

私達のこの現状は、全て自分の意識で創り出した世界です。 私達は、身体に備わる五感(視覚、聴覚、味覚、臭覚、触覚)で、喜怒哀楽の意識を味わって人生を生きています。 その私達が、自覚出来る意識の事を顕在意 …

no image

神界は、ここに存在している

「神社を我が家に復活」のその後について、お伝えしておきます。 神様より、その後、社とは、掛け軸、お札、神棚ではない。 人の身そのまま社なり。社とは、人そのものである。との啓示がありました。 確かに、そ …

no image

2019年災害注意

2019年は災害に要警戒です。 「亥年は災害の多い年で、過去に関東大震災や阪神大震災などがあった。今年は特に災害に気をつけて」 「要注意の年では」 諏訪大社の筒粥神事で世相占う  諏訪大社下社春宮(長 …

no image

神の元へ還りたい魂

仏陀を知る人なら、誰もが心のどこかで思っている事でしょう。 「いつの日か、遙か未来に弥勒が下生する。その時、同時代、同国に生まれていれば救済され、私は天に還ることが出来るだろう。」 そうして、人は気が …