はじまるよ地上天国

宇宙真理探究の旅

精神世界

地震3.11の教訓

投稿日:2019年3月11日 更新日:

地震のイラスト「防災頭巾の女の子」地震のイラスト「防災グッズ」

今週は、特に地震に備える週にするといいですね。

もう日本は、いつどこで地震が発生してもおかしくないので、その時に慌てないよう準備が必要です。

ここ数年の自然災害も非常に大きかったのですが、2019年~2020年は、更に試練の時期となりそうです。

気持ちを引き締めて、みんなで2019年を乗り切りましょう。

あの時、3.11のあの阿鼻叫喚は、犠牲者や遺族の方々から私たちへ命をかけたメッセージでした。

こうして改めて映像を見ても、余りにも辛すぎ胸が痛みます。

今、私たちは、被災者の魂の叫びをしっかり受け止めた生き方が出来ているでしょうか。

事故後8年の間に、また原発再稼働が日本のあちこちで始まりました。現在9基です。

以下「こどもたちの未来へ」さんより転載

原発ってどこにある?今、動いてる?再稼働はいつ?

2019年02月14日 | 原発ってなに?

2019年2月14日現在9基、九州電力玄海原発3・4号機と川内原発1・2号機、関西電力大飯原発3・4号機と高浜3・4号機、四国電力伊方3号機が稼働しています。    転載以上

 

さて、干支の最後である亥年は、干支の中で最も大地震などの自然災害が起こりやすい年といわれています。

1611年(慶長16年)  慶長三陸地震
1707年(宝永4年   富士山大噴火・宝永大地震
1779年(安永8年)   桜島大噴火
1923年(大正12年)  関東大震災
1935年(昭和10年)  静岡地震
1959年(昭和34年)  伊勢湾台風
1983年(昭和58年)  日本海中部地震
1995年(平成7年)   阪神淡路大震災
2007年(平成19年)  新潟県中越沖地震
2019年(平成31年)

また、阪神淡路大震災東日本大地震も、記録的な猛暑の翌年に起こっています。
昨年2018年は、猛暑でした。今年は、地震に要注意です。

1994年の猛暑 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナビゲーションに移動検索に移動

1994年の猛暑(1994ねんのもうしょ)とは、1994年(平成6年)の7月中旬から8月前半にかけて日本の広範囲で見舞われた猛暑である。

2010年の猛暑 (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2010年の猛暑(2010 ねんのもうしょ)とは、2010年日本の広範囲を襲った、当時まで観測史上1位の猛暑である。この夏は長期間にわたって記録的な高温が続いた。気象庁は同年9月1日、この猛暑を30年に1度の異常気象と認定した[1]
                   以上ウィキペディア転載
ありがとうございました。

-精神世界
-

執筆者:

関連記事

no image

愉快な金龍さん

前回の記事で、龍が想像上の生き物ではない事は、分かって頂けたことと思います。 龍は、私達の前に自在に姿を現します。 それは、雲で現れたり、明晰夢であったり,異次元界で現実に実体を持った体験であったりし …

天変地異を無くすには

このところ、地震が多すぎますね。なぜこんなに世界中、災害や地震が多いのでしょうか。 地球は、一つの生命体であり、意識を持って生きています。 地球は、波動が人間よりも格段に高く、慈愛そのものです。 地球 …

(1)この世の洗脳から抜け出そう。

私達の生活の中には、テレビ、ラジオ、ネット、新聞、雑、誌などを通して、多くの情報が、否応なく入ってきています。 私達は、メディアの情報に、知らず知らずの内に洗脳されてきました。 特に、ニュースは、政治 …

no image

我が家を地上天国にしよう

長い年月を経て、やっと本音をブログに記すことで、なんだか今は、本当の自分を生きている気がしています。 本当の自分で生きていると、指先までぽかぽか温かく、身体中の細胞が蘇ったような気分です。 疲れが全く …

地上天国

私の実家の客間に、書の大きな古びた額が飾られていました。何と書いてあるのか、子供の私にはさっぱり読めません。 尋ねると「地上天国」と書かれているとのこと。 「地上天国?」 それは、一体どういう意味?何 …